スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津駒ヶ岳登山~後編~

2017.02.19 18:21|山歩き
2016.7.24
前日のうちに登山口に到着・・・
日中は半端なく暑いけど、夕方になると大分涼しくなってきました。
さて、滝沢登山口駐車場はいくつかあって車で直近まで登れるのですが、そこにはトイレが無い。
トイレのある駐車場だと登山口まで30分ほど登ることになる(そして焼却場の目の前・・・ひいィィ)
考えた挙句、後者の駐車場で爆睡し(・・・トイレを済ませてw)早朝に登山口まで車で登りきる!!!
駐車場スペースが空いているかはもう賭けるしかないっ!!!
日曜日ということもあり、前日に山小屋宿泊していた車も何台か停まっていましたがなんとかぎりぎり無理やりスペースに滑り込ませることが出来ました・・・ほっ(*´ω`)┛
自走登山組はこの駐車場確保に物凄いエネルギーを使うのです(笑)
IMGP36081.jpg

標高や距離的には日帰りコースなのですが、今回は山小屋に泊まることがメインなので出発はゆっくりのんびり。
しかし曇りと言われた天気予報がなにやら青空が見え始めていますよ・・・これは登らない訳にはいかん!!
IMGP33481.jpg

階段の急登からブナ林の急登を気持ちよく登っていきます♪きついけどまさかの青空にテンション上がってます。
そしてあっという間に雲の上。
IMGP33541.jpg
しまった・・・もう駒の小屋が目の前まで!!!
IMGP33611.jpg

しまった・・・もう駒ヶ岳山頂が目の前まで!!!
IMGP33621.jpg

・・・ということで駒の小屋手前の休憩場で朝食タイム。ここでのんびり青空が再びでてくるのを待ちます。
IMGP33711.jpg

反対側は青空でているからもう少しで出てくると思うのだけどね~(笑)
と言っているうちになんとなく明るくなってきた!!!よっしゃ出発(=゚ω゚)ノここから木道歩きに変わります。
IMGP33751.jpg
池塘も出てきた!!いきなり出現する素敵ワールドに足が止まりっぱなし!!!
このあたりからアルプスの熟女ハイジ化がはじまります(妄想)
IMGP33951.jpg
ああ!!チングルマまで!!!7月も後半だから高山植物は諦めていたのに・・・
IMGP35431.jpg

ミヤマリンドウ!!!紫色だからきっと秋の始まりなのでしょう(笑)
IMGP34031.jpg
そして遂に青い空、白い雲、緑の平原に佇む駒の小屋を見るのです!!!IMGP33891.jpg
駒の小屋に到着したのですがチェックインは14:00からなので部屋には入れず。
明日は天気が崩れるというし、まだまだ晴れてくれそうなので駒ヶ岳山頂~中門岳までぐるっと回ってきましょう。
IMGP34331.jpg
駒の小屋から目と鼻の先にある緩やかな駒ヶ岳山頂からは猫耳双耳峰の燧岳がよく見えます。
他にも越後三山、尾瀬の山々などが見えるようですが、雲に隠れていて少し残念。
IMGP34451.jpg
山頂から中門岳へ向かう、たおやかに長く続いている美しい木道・・・歩くことを忘れてしばし佇んでしまう。
今日この日、この時間、この景色を見ている。
全てのタイミングが重なっていま、ここを歩いている・・・感動。。。
IMGP34581.jpg
そして中門岳に到着。。。
山頂というピークは無く、この辺り一帯を中門岳と言うそうです。
IMGP35011.jpg
水辺に移る反射が織りなすリフレクション・・・
IMGP35151.jpg
こちらで宮城から来たという団体さんと意気投合!!!
珈琲屋さんを営むガイドさんは東北でも有名だそうで、検索したらすぐに出てきました(笑)
つい先日、GWに東北行ったばかりなので話が盛り盛り盛り上がり、新たなる東北お勧め情報をもらっちゃいました。
一期一会・・・好きな言葉です。

そして駒の小屋に戻って受付を済ませてお昼ご飯♪南郷のトマトジュースで地産地消♡
komanokoya2.jpg
駒の小屋は食事の提供はしませんが、宿泊者にかぎり飲料水(雨水蒸溜)を頂けます。
登山道で水場は1か所しかないので宿泊する方はなるべく自分の飲み水は自分で持参しましょう(当たり前のことですが・・・)
komanokoya1.jpg
14:00を過ぎるころには雲の様子も怪しくなり、予報通り、星空は望めないようです。

駒の小屋に泊まった目的の一つでもある宿泊者限定の山Tシャツゲット!!!
IMGP35691.jpg
前がウサギさんで〈駒ねぇさんはビックフットと呼んでいるw)
IMGP35701.jpg
後ろは・・・シシ神様??w
宿泊者限定Tシャツはカラーは黒一色のみ。
駒の小屋オリジナル山シャツはあるのでこのシャツ目当てに来る登山者も相当いそう(笑)気持ちはよーくわかる!!!

2016.7.25
翌朝はやはり真っ白なガスガスの世界(笑)
昨日のうちにハイジの世界を堪能しておいたので、後ろ髪をまったく惹かれることなくささっと下山。
下山すると晴れているって言うね・・・もう慣れてますけどね。
IMGP36131.jpg
なんとTシャツと同じシシ神さまに遭遇!!!ステキな山時間を有難うございました。

平日だったこともあり、下山後温泉「燧の湯」は誰もいませんでした!!!ラッキー!!!
IMGP36181.jpg
登山口近くに公共温泉は「駒の湯」 「燧の湯」と二つありますが、どちらもアルカリ硫黄泉。
個人的には緑がよく映える「燧の湯」のほうがロケーションが良いこともあり好きでした。

さて・・・ハイジ気分を捨てて車に戻って6時間かけて帰ろう~♪♪

今回も素敵な山旅と共に、無事故で帰宅できたことに感謝ヾ(・∀・)ノお疲れ様でした~♪



関連記事
スポンサーサイト

会津駒ヶ岳登山~前編~

2017.02.19 14:46|温泉♨(立ち寄り)
2016.7.23
夏は滅多なことでは遠征しませんが(・・・暑いのでw)憧れの山小屋が予約出来たとなれば話は別です!!
登山前日に那須に入り、まずは朝風呂♨
那須と言えば「鹿の湯」が有名です、ここはわたし好みの早朝営業(8:00~)だし大好きなお湯ではありますが・・・
いつ行っても早朝っから混雑、イモ洗いの為、今回は諦めて同じ源泉を引いているという、はなやホテル「小鹿の湯」へ。
IMGP33391.jpg

まさかの一番乗りひゃっほー(=゚ω゚)ノ
IMGP33361.jpg
いつも行く「鹿の湯」は浴槽が4つあり、38.40.42.44℃と異なる温度を選択できるのですが、まぁ40℃に集中するよね(笑)
こちらの浴槽は中温、高温に分かれており・・・高温とは!!??
IMGP33281.jpg
ドキドキしながら入浴してみると・・・おや?入れる。
那須の湯は熱い・・・という定番を覆す居心地の良さ。窓はないけどなにより天井が高く解放感があって素晴らしい!!
DSCF00521.jpg
露天風呂もあるらしいけど、ちらっと見に行ったら・・・別にいーや(笑)
開放感のある造りなので内湯でぼーーーーーーーーーっとしているだけで充分なのです♡極楽

暫くして次客さんがはいってきてのんびり歓談。
地元の方々もやってきて露天に入り、高温湯に入り、中温湯にはいり・・・「今日は温いわねー!!」

・・・うーむ。わたしが適温で気持ちいい!!と思っていた小鹿の湯・・・やはり普段はもっと熱いのか(笑)
IMGP33371.jpg
出るころには湯小屋の前に小さなお店も開店していました。
もちろん温泉卵・・・塩をかけて美味しく頂きましたヾ(・∀・)ノ濃い黄身で美味しかった~♡
IMGP33401.jpg

それでは会津駒ヶ岳登山口の尾瀬に向かってしゅっぱーつ!!!(本日も車中泊なりw)
関連記事

黄金週間☆~晴れの栗駒山登山~

2016.12.04 19:44|山歩き
2016.5.03(火)

おはよう岩手です(上原アナ風)
・・・ですが岩手ですがテレビは秋田放送しか入らない岩手県の須川温泉です(笑)
IMGP27090504.jpg

須川温泉怒涛の4連泊!!初日は北上ドライブの疲れをゆっくり癒して栗駒山登山の計画をのんびり立てる・・・予定でしたが、天気予報によるとこの日しか晴れは無いため、急きょ栗駒山登山を前倒しで・・・前日に洗濯物をまとめて洗って乾燥して・・・
IMGP2629.jpg
持参したマイ土鍋と米で朝ごはん準備して・・・
DSCF0068.jpg
どんな山でも朝は緊張してご飯が喉を通らないのですが、しゃりばて防止にがっつり食べて・・・(結局食べれるw)
IMGP26260503.jpg
いよっしゃ!!しゅっぱーつ!!!
晴れてはいるけど、湿度が異様に高くて5月にしては変な陽気・・・正面にうっすらと鳥海山。
IMGP26340503.jpg

栗駒山は宮城と岩手どちらからでも登れる、多彩なコースを持つ山ですが、須川温泉宿泊しているからには安定の須川コースを。
登山道もしっかり整備されているので道迷いの心配もありません!!!
・・・雪が無ければ。
IMGP26420504.jpg

ふと振り返ると足跡は自分のトレースだけ・・・あれ?さっきまで他のトレースあったような・・・
IMGP26400504.jpg

・・・戻ります。体力は万全に残っているのであれ?と思ったらすぐに戻る5月登山初心者←
IMGP26460503.jpg

リルートしてしばらくしたら木道が見えてきました。ここが名残が原ですね。
IMGP26490504.jpg
はい木道埋まりましたー(笑)
一応軽アイゼンは持ってきているけど、水分を多く含んでいる春の雪なのでキックステップで充分登れます♪
ほいほい♪ほいほい♪
・・・しかし地図をみるとすぐ下を沢が流れているのよね・・・下は見ないように・・・怖
IMGP26500504.jpg
はい・・・昭和湖??到着~♪
それにしても気温が生ぬるくて変な感じ・・・
IMGP26560504.jpg
続いて天狗平を目指すべく、左に撒いてまたもや直登コースをザクザク・・・ザクザク!!!
それにしても振り返ると雲海がうねうね泳いでいて数歩登るたびに振り返ってしまう美しさ!!!
IMGP26580504.jpg

IMGP26640503.jpg

天狗平に到着しました!!!ここから山頂までは雪も少なく気持ちの良い尾根歩きになりそうです。
ただし天狗平は風が強い!!!半端なく強い!!!
IMGP26620503.jpg
はるか眼下に須川高原の赤い屋根が見えます。こうやって見ると結構歩いたね~♪♪
須川温泉界隈では携帯の電波がつながらないのに、山歩いていると繋がる岩手の不思議よ・・・
IMGP26660504.jpg
なんとこの日は岩手のふぉろわーさんがお出かけがてら、逢いに来てくれるというのです!!
しかし電波の都合でタイムリーな会話できず(笑)
IMGP26710503.jpg
到着しました!!!晴れてます!!青空です!!嬉しいです!!!
Desktop40.jpg
祠が空いていなかったので山の神様に挨拶出来ないかな・・・と思っていたところ、須川の主・・・らしき方が開けてくれました!!
佇まいといい、風格といいそのお姿はまさに須川の主でした(笑)

さて!!帰りは来た道を戻るだけなので足セードで楽勝楽勝!!!ひゃっはー♡
あっという間の下山⇒内風呂⇒霊泉の湯(笑)
IMGP26960504.jpg

この画像を見てお気づきでしょうか??
分かる人には分かる・・・激熱の霊泉の湯の最奥部まで歩いた・・・という証拠ですよ!!!
長時間浸かることは(まだ)出来ないけど、短時間なら浴槽の最奥まで歩けるようになった・・・ということですよ!!
須川湯籠り2日目にしてこの快挙!!!(しかし首までどっぷり浸かれない・・・)

DSCF00740504.jpg

そして湯めぐりしてきた岩手のふぉろわさんと初のご対面!!!うひゃー♡
初めましてなんだけど、全く違和感なく熟女子トークとマニアックトークに時の過ぎるのを忘れる(笑)
貧相な自炊生活をしているわたくしにお洒落なデリカの惣菜(肉!!うまいキッシュ!!温泉卵他!!)を差し入れしていただいてもう感激!!
DSCF00720504.jpg

うめしゃん本当にありがと~!!!!次回は三陸わかめもよろしく~~(笑)

DSCF00620504.jpg
美味い美味い夕飯をぺろりと平らげた後は、ふとんを温めつつお風呂で身体を温めてっと・・・

いやもう・・・天国じゃないかここ!!!

ちなみにファンヒーター嫌いなので、暖房は殆ど使いません。布団乾燥機ひとつでなんとか賄っております。
明日は1日中ごろごろして持ち込んだ本でも読むんだ~♪♪

いやもう・・・天国ですな(再)



関連記事

黄金週間☆~宮城から岩手へ~

2016.10.23 21:15|山歩き
2016.05.01(日)
うつくしま福島を後にし、更に北上目指します。本日の宿は愛車なので時間に縛られずにぶらぶら~♪
宮城県に入り、ご飯や探し。
地図を見ながらある程度辺りを付けていたので、入店もスムーズ。
DSCF00370501.jpg
しかし、調べなくてもこの看板みつけたら迷わず入るでしょう(笑)
もちろん目的はほっきめしです!!
DSCF00360501.jpg
中途半端な時間帯だったので、混雑もなくスムーズに入店。
DSCF00330501.jpg

DSCF00350501.jpg

ありがとうございます二枚貝・・・愛
このお店は持ち帰りもやっているそうなので思わず頼もうかと思ったけど、行く先々でも美味しいものには出会えるのでここはぐっと我慢。

IMG_38280501.jpg

そして〆湯は宮城県の明日の湯温泉へ・・・
仙台の街中にある公衆浴場としてはとても賑わっていて、駐車場が車であふれていました。
弱アルカリ性の塩化物泉でライオンの湯口から溢れるお湯はつるりんとしていてかつ適温!!気持ちの良いお湯でした。
身体もほんわかと温まったし、動くお家でゆっくり休めそう(笑)

2016.05.02(月)
おはよう岩手です!!!
福田パンの本丸に開店10分前に到着もすでに20人ほど並んでいた・・・静岡県民が来るくらいだからねー。
まずは惣菜系を2種類(ナポリタン+コンビーフ)そしてスイーツ系・・・
うーん。一番人気はあんバターなのだけど食べきる自信がない(^^ゞ
でもここまで来たからには・・・ということでずんだホイップで妥協⇒朝ごはんとなりました。。。
しかし、この福田パンのコッペパン・・・想像以上に大きくて大食いのわたしでも簡単に制覇できず、苦戦しました~。
次回はコンビーフと・・・あんバター(気分次第だけどw)2本でいいかな(笑)
Desktop390502.jpg
車を少し走らせて小高い丘で景色を眺めながら朝ごパン♪・・・ええ。ガスガスで景観ゼロでしたよ。。。
ここは桜が見事で1週間早かったら物凄い贅沢な朝ごはん会場になっていただろうな~。
174_0502.jpg

さて・・・本日は宿を予約してあるのでそれまでぷらぷらと行きたい場所へ~
IMGP25660502.jpg
真田丸のロケ地にもなった遠野ふるさと村へ・・・
IMGP25680502.jpg
勝頼殿最後の合戦地・・・しみじみ(涙)
IMGP25690502.jpg
真田の郷・・・しみじみ(涙)
174_050210502.jpg
村内には2輪草、カタクリ、シラネアオイも咲いていました。
かなりテンション上がったのだけどこの先にもっと凄い群生地があったのは後の話である(笑)

IMGP25960502.jpg

さて・・・戻りますか(岩手ほんとに広くて長くて遠い・・・)
本日の、本日からのお宿は須川高原温泉湯治部怒涛の4連泊!!!もちろん自炊!!!
食材調達と昼ごはんを兼ねて一関へ・・・
ツイッターでお世話になっているフォロワさんから教えて頂いたお店に向かうと・・・
なんだか周囲の風景とは異質のおしゃれすぎる空間ががが・・・ここで餅を頂けるんですか??
IMGP26120502.jpg

IMGP26010502.jpg
うん。合ってますね蔵元レストランせきのいち。
こちらで一関のハレの郷土料理「果報もち膳」をいただきます♡
IMGP26060502.jpg
酒に非ず・・・お水です。酒造だけあるなー(笑)
写真は無いけどこの前にでた甘酒が人生最高の美味しさだったことを記しておきます。。。本当美味しかった!!
DSCF00400502.jpg
9種類ものお餅は食べれますか??と聞いたところ一つ一つが小さいので楽勝ですよ♪とのこと。
確かに圧巻ではあるけど、サトウの切り餅を半分にした大きさで可愛らしい・・・がセットになっている雑煮がきつかった・・・
DSCF00530502.jpg
左上から、桜海老、えごま、黒ゴマ、ずんだ、甘酢大根(箸休め)くるみ、納豆、あんこ、おろしとなっています。
そしてこのお持ちの中に萩の小枝が入っているのです。
ひとつめのお餅に小枝が入っていたらその日がラッキーデイ、ふたつめだったら翌日・・・というように8日までまでのラッキーデイを見ることが出来るそうです(*^_^*)
IMGP26090502.jpg

このお店・・・本当に素敵だった♡次回も必ずここに寄る!!教えてくれてありがと~!!!
お腹いっぱいになって食料も調達して・・・いざ山の中へ!!!
IMGP26150502.jpg

洗濯も明日の事も栗駒山登山の事もまずは後回しにして、霊泉の湯へ・・・

・・・熱いっ!!!!分かってるけど熱っ!!!!!
初日は惨敗。

46℃と言われているだけあってぬる湯党のわたしにはかなりの強敵・・・しかしあのビリビリ感は癖になるのです。
4日間かけてなじませてやるぞー!!!

そして須川高原温泉怒涛の4連泊編へ続く・・・
関連記事

黄金週間☆~安達太良山その2~

2016.07.09 20:31|山歩き
本日のお宿はくろがね小屋さん
定員制なのでひとりに1つずつの布団が確保されている嬉しい山小屋です。
更に源泉かけ流しの温泉を要する嬉しすぎる山小屋でもあります。
安達太良山自体は日帰りでも登れるけど、この小屋目当てで登る方も多いのでは?(もちろんそのひとり)
172_04304.jpg

部屋は宿の方曰く、VIPルームだそうで(笑) 
IMGP2402.jpg

女性のみの部屋だそうです、部屋の中に靴入れがあるのでこれは楽チン。(朝になったらカチンコチンに冷えていた)
IMGP2403.jpg
そして風呂!!!ケロリン桶もありカランも有り。
4-5人も入ればいっぱいになる浴槽ですが、浴槽サイズに丁度良い源泉投入量。
浴槽に入った時のお湯があふれ出るざばざばーー!!!をこんな山の上で堪能してしまうなんだか背徳感♡
泉質は酸っぱい酸っぱい乳白色の硫黄泉♨たまらん!!
IMGP2409.jpg
風呂上りは布団の中で惰眠をむさぼり、たまーに読書・・・幸せな時間です。
IMGP2435.jpg
昼カレーに続いて夜はくろがね小屋名物のカレー♪♪ほろっほろにとけた牛肉が美味いのなんのって・・・もちろんお代わり♪
IMGP2439.jpg

こちら側のテーブルががら空きだったので、人数は少なかったのかな?連休中にもかかわらず優雅な時間を堪能することが出来ました。そしてまた風呂・・・外は激しく雨が降っておりますがお構いなし。明日の事は明日考えよう。
IMGP2446.jpg

朝ごはん♡
漬物・牛筋の煮物・温泉卵とごはん3杯コースですな(=゚ω゚)ノありがたやー。
IMGP2459.jpg
下山は雨には降られましたが、雪は積もっていなかったので楽チン楽チン。
夜から吹雪いてきたので少々不安はありましたが、気温が上がるにつれて雨になったのかな。春の到来ですな♪
173_0501.jpg
あだたら渓谷歩道を経由して無事に下山。天候を除けば、びっくりするほど穏やかな登山道で新緑や紅葉の時期は大混雑になるのも分かる気がしました。歩きやすく展望も素晴らしくゴンドラまであるなんて(乗れるかは別としてw)また来たい、またほんとうの空に逢いたいなぁ。。何度も何度も訪れたくなる山と山小屋でした。ちなみに山小屋では携帯の電波が微弱・・・ほとんど使えないのでWi-fi設置を強く要望しておきました(・・・って宿の主人が強調していたので)
IMGP2479.jpg
下山後のお楽しみ♡
乳白色の気持ち良すぎる野地温泉でほっこりしたあとの酪王カフェオレごくごく♪風呂上りはコーヒー牛乳です!!
IMGP2484.jpg
道路の最高点1622mを走って浄土平へ・・・もうなんにも見えない。心眼発動全開!!!
あわよくば浄土平ビジターセンターから吾妻小富士でヤッホーしたかったのですが、無理無理風凄い!!寒い痛い撤退!
IMGP2486.jpg

・・・・もちろん下界は晴天っていうね。

お約束なんですけどね(笑)
磐梯国立公園はよくよくみると温泉天国なので、こりゃ何度も通わないといかんなーーー。

そしてうつくしまふくしまに別れを告げて、北上は続くのです。まずはご飯を食べないと~!!!

続く♪
関連記事
| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
♨プロフィール

やま

Author:やま
週末限定!予算限定!
だけど温泉登山好き♪
使用カメラ:GRDⅣ、K-30

♨最新記事

♨カテゴリ

♨月別アーカイブ

♨カウンター

♨最新コメント

♨最新トラックバック

♨検索フォーム

♨RSSリンクの表示

♨Twitter

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。