スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥津温泉 東和楼~九州旅2016~

2017.07.09 14:20|九州温泉道2016
2016.12.21
有給3日間くっつけまして約20日の休暇の出来上がり♪
車を冬タイヤに交換しまして、車中泊グッズ詰め込みまして山道具詰め込みましてレッツゴー
まずは京都へ立ち寄り、来年度から始動する予定の京都一周トレイルの地図を購入。そしてフライング雑煮モーニング。
20161221c1.jpg
前から食べたくてしょうがなかった京風白みそ雑煮・・・甘すぎず鰹だしが効いていて美味しかった~♪♪

さて・・・寄り道はこのくらいにして本日のお宿へ本道を戻します。
ぶーんと車を走らせて「山田養蜂場」の巨大看板が目印の院生インターで降りて山中走る事少々・・・IMGP4761-12.jpg

岡山県は美作三湯(湯原 湯郷 奥津)のひとつでもある奥津温泉さんへ到着。
以前、立ち寄り湯で伺ったのは隣の奥津荘さんだったのですが(以前の記事はこちら)その時の温泉感が非常に良くて・・・とにかく奥津温泉はわたし好みの湯であり、更に今回はその中でも一番の泉質!!と一部で謳われている東和楼さんへ宿泊となりました。SNSで女性のおひとりさまはあまり歓迎されない、古すぎて夜間は怖い、、、などなど噂はあったものの行ってみれば真実は分かるだろう(ドキドキ)通されたお部屋は2間続きのだだっ広いお部屋でむしろ好印象♡ 建物や設備は古いもののきちんと掃除されているのは分かります。女将さんも人の良さそうな方で、女性の一人旅よりもこの時期(特に年末!)は男性の一人旅をお断りすることがあるそうで・・・事業に失敗された方が云々・・・これ以上は聴くのをやめました(笑)本当に夜、お風呂入れなくなっちゃう・・・
DSCF4015-1.jpg

館内のお風呂は男女ともに内湯がひとつ。それに加えて家族湯がひとつ。すべて貸切制のため、ドアに鍵がかかります。
女将さん曰く「断然男湯!!!誰もいなかったら男湯に入っちゃって!!!」
そうですか・・・有難うございますそれでは遠慮なく♡DSCF4017-1.jpg
部屋から地下に向かう階段を降りて・・・
DSCF4019-1.jpg
ほの暗いトンネルの先には何故か鏡・・・目を合わせたくない。ひいいぃィ!!!
IMG_7118-1.jpg
そして天井からぽとり・・・と滴り落ちる水滴をよけながら男湯女湯とかかれたドアに到着・・・
想像通りの古びた脱衣所をぬけて浴室に向かうと、そこは自噴泉天国でした。
湯船の淵からあふれ出る源泉にシャンプーや椅子などの備品はゆらゆらと流され、さながら暖かい海のような・・・
IMGP4719-1.jpg
よーくみると中央より奥の方に渦を巻いているじゃないですか・・・この下から源泉が流れているのですね!!

いざ!!入浴!!!
IMGP4744-1.jpg

・・・とろけるううぅぅ~~~!!!!
相変わらずの極上アルカリ単純泉!!40℃はこえているけど、真冬だからこのくらいがちょうど良い♨
アルカリ性なのだけど、体液と同じような感覚で・・・この包まれるような温感は、他ではなかなか味わえない特殊な感じ。
隣の奥津荘さんはその昔、藩主があまりにもこのお湯を気に入って鍵をかけてお湯を独り占めしてしまったことから「鍵湯」と名付けられたのだけど、まさにその気持ち!!!

ちなみに女湯はどうかというと・・・IMGP4753-1.jpg

・・・・殿さま万歳(涙)
男湯のほうからお湯を引いているので、もちろん自噴もなく溢れ出るような勢いもありません。。。
写真を撮らせて頂いただけで一回も入浴することはありませんでした。(女性は日帰り入浴するときは要注意・・・)

*********************
日帰り料金 800円
日帰り営業時間 10:00から15:00受付まで
不定休
駐車場 あり(5台)
**********************

夜間はさすがに怖いかな・・・と思いつつもあのお湯感に惹かれてヘッドライト持参で夜な夜な地下道をひとり進む姿はまるでお百度参りのような・・・(笑)
ちなみに家族湯は少し上の方にあり、タイル張りの可愛い浴槽でした。こちらも浴槽の下の方から循環なのかよく分からないけどお湯がとうとうと湧出しておりました。シャワー完備しております。IMG_7127-1.jpg

IMG_7122-1.jpg

誰が書かれたのか分かりませんが(汗)まさにこの通り!!!!
IMG_7131-1.jpg

食事も決して豪華絢爛ではありませんが、心のこもった美味しいものを頂きました。
隣の奥津荘さんがリニュアルされて施設も雰囲気も料理も雲泥の差はあるけれど、次も泊ってみたい・・・あの岩風呂に籠りたい・・・と思わせる何かを東和楼さんは持っているかと・・・お世話になりました。












スポンサーサイト

大阪~高知で食い倒れ♪(高知編その②)

2017.05.07 15:31|旅行・ドライブ
2016.10.16
おはよう高知です。路面電車とあんぱんまんと偉人の街です。
IMGP4153-1.jpg
まずは小腹ごしらえするべく日曜市へぶらぶらと・・・(本腹はこの先のひろめ市場で♡)
IMGP4088-1.jpg
初めてみました秋のタケノコ!四方竹(しほうちく)名前の通り断面が四角くなっている!!
そして朝から普通に揚げ物行けます!!イモ天うまーい!!!田舎寿司もお買い上げっと♪♪
186_1016c-1.jpg
実は日曜市なるものも、現地に着いてから知ったわけでして・・・鰹以外にも旨いものが沢山あって朝から幸せだ~♪♪
IMGP4090-1.jpg
昨夜の喧騒が嘘のように静かなひろめ市場に到着・・・既に満たされているけど鰹は外せない♡
IMGP4101-1.jpg
そういうわけで土佐ジローの卵かけご飯も捨てがたく、うつぼのたたきも魅力的で朝からフルコース!!天国じゃ・・・
186_10162c-1.jpg
もちろんこのまま宿に帰ったら横になっちゃって観光できない腹なので、少々こなさねば!!!
城下町でもある高知市内は、いたるところにスポットがありまして・・・地図などいらない歩けば観光地に当たります。
まずは龍馬生誕の地!! 建物と建物の真ん中にポンッと・・・
IMGP4146-1.jpg
この鳥は先ほど食した土佐ジローかしら??
・・・違いました(笑)
特別天然記念物でもあるオナガドリ(長尾鶏)でした(^^ゞ
IMGP4141-1.jpg

オナガドリに導かれて高知城へ・・・
IMGP4110-1.jpg
昨日、天下の大阪城を見てきたばかりなので迫力には欠けますが、地方の城らしい堅実な造りになっているなと感じました。
正直、お城には詳しくないのですが、城のあるところ緑が沢山あるのでそちらに惹かれるのかも・・・
186_10163-1.jpg
ところで昨日から気になっているのだけど、この辺で吉田東洋が暗殺されたはずなんだけど・・・碑が見つからない。
まあ、夜もこの辺歩くから改めて探してみよう・・・

・・・というわけで現在放送中の大河ドラマ「真田丸」から遡って「龍馬伝」の世界を堪能すべくまずは桂浜へ!!!
ラッキーなことに「龍馬に大接近できる」時期らしく、約10メートルほどのやぐらの上に登って龍馬像を間近に見られるようです。高知へは3回目ですがこれは初めてかも!!
IMGP4160-1.jpg
これは良いですねえ(=゚ω゚)ノ龍馬と同じ目線で海を眺められる!!!
IMGP4174-1.jpg
同時にツイッターでもリアルタイムで呟いていたので、それを見てくれたふぉろわーさんから沢山のお勧め情報を頂きまして・・・美味しい美味しい苺氷にもありつくことが出来ました!!本当にありがたい!!IMGP4181-1.jpg
そして龍馬伝といえばこの方!!!三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎氏の生家を見学してきました!!!
(ちなみにこのあたりは坂本竜馬のさの字も出てこない・・・地元民もとにかく弥太郎いちおし!!)
186_10164c-1.jpg
ここで生まれ育った弥太郎が、知力と財を成してこんな館を作っちゃうなんてね~。

(2016.1月撮影)
S0791166-1.jpg
さて、目的も達成したので宿に帰りますか・・・
ちょっと寄り道してアイスクリンや芋屋金次郎のイモソフトなどを♡
186_10166c-1.jpg
もうちょっと寄り道して眺めの良いかふぇーなんかで龍馬を思いつつ・・・
186_10165c-1.jpg
そのまま夜の部へ突入しますよ!!!昨日に続き今朝に続き今宵もひろめ市場で大戦の始まりじゃぁあああ(=゚ω゚)ノ
昨日はやいろ亭の鰹だったので、今宵は明神丸に殴り込みです!!
DSCF0212.jpg
分厚い!!!旨い!!!やいろ亭より旨い!!
DSCF0210.jpg
鰹のハランボじゃぁぁ!!!トロットロじゃぁああぁぁ(=゚ω゚)ノ
DSCF0217.jpg
お口直しに唐揚げじゃああああ(別店舗にて購入w)
他にもゆずドリンクとかほにゃららとか頼みましたが、写真撮ってるのも面倒くさくなったので・・・集中!!!(笑)
DSCF0219.jpg
〆は宿に戻る途中コンビニで仕入れた青汁を・・・それなりに身体の事も考えて・・・


2016.10.17
再びのおはよう高知!!
帰る当日に晴れるっていうのは登山中、雨に降られて下山した途端快晴になったのとよく似ていますね。
DSCF0223.jpg

駅前の銅像(はりぼて??)もりりしく写っております。 武市半平太(左)、坂本龍馬(中)、中岡慎太郎(右)
2日間お世話になった宿は、駅の目の前「高知ホテル」でした。
もちろん朝食もひろめ市場で最後の鰹でしたが・・・写真は割愛(笑)
帰りにようやく、吉田東洋先生殉難の地を発見!!!!なんとなんと図書館になってしまうそうです。
つまり今まであった石碑も図書館内のどこかに置かれるってことなのかしら・・・次に行くときは図書館完成しているね。。。
DSCF0241.jpg
そして帰りは大阪まで電車でGO!!!
DSCF0247.jpg
大歩危駅を通過して、瀬戸大橋も渡りました!! 車とは違って電車も新鮮!!
DSCF0258.jpg
そして食い倒れの聖地!!大阪に戻って新幹線の時間までのれんめぐりで今井のきつねうどんと、だるまの串カツランチ♡お土産は551にしようかマダムシンコにしようか迷って赤福に決定(謎) ひたすら食べ続けた日々でしたが、意外にも1.5㎏増で済んでほっとしている今日この頃・・・・次の食い倒れミッションに備えてまた鍛えなきゃなー!!!







関連記事

大阪~高知で食い倒れ♪(高知編その①)

2017.04.23 16:39|旅行・ドライブ
2016.10.15
予算縮小の為、またもや大阪からバスで高知へ(笑)
当初は電車で行く予定でしたが、大阪駅にでっかいバスターミナルを発見しもしや?と思って検索してみたら当日の席も空いていたので、それはそれでラッキーヾ(・∀・)ノ行き当たりばったり楽しいな♪

バス酔いするため、酔い止め薬を飲んでおいたら気持ちよく船を漕ぎまくって気づいたときには真っ暗な高知駅前に到着・・・はて?なんだか銅像があるけど明日でいいや♪宿についてメシ探し♡
一番行きたかった居酒屋はなんと予約制で、気づいたときには既に満席、キャンセル待ちなど無し(;_;)宿でお勧めの居酒屋さんに行くことにしました。
DSCF0176-1.jpg 
地元愛に溢れたオーナーの経営するお店だそうで・・・
予約しないで行きましたがなんとか1席空いていました(戻り鰹の時期は、お店は予約した方がいいのかしらね…ちょっと勉強w)
  DSCF0157-1.jpg
まずは炙り鰹の塩たたき…目の前でバーナーで炙ってから30秒以内に食べて下さいと…それがいちばん美味いらしい(笑)確かに旨い!!この店は基本お任せセットで値段によって品数が異なります。半年も前の事を思い出しつつブログアップしているのでどのセットを頼んだのかは不明○| ̄|_ DSCF0168-1.jpg 
えっと…鰹のたたきはもちろん頼みましたとも!! DSCF0161-1.jpg 
刺身盛りももちろん!!
DSCF0169-1.jpg 
…なんだっけ??鰹のなんちゃら(旨い!!)
DSCF0171-1.jpg 
しかし…あろうことか一番のヒットはこれ!!四万十海苔の天婦羅!!!
刺身オンパレードの口休め以上の美味しさ♡マスターにお代わりをねだりましたが代わりにすり身のお吸い物が出てきました(笑)いやー…どれも美味しかった♪♪ご馳走様でした。

店を出て同行者と一言…「もう一軒行こうか」
敢えて言おう…定食ならまだしも、刺身だけでは腹は膨れません!!
明日の夜のお楽しみだったひろめ市場に偵察もかねて(笑)食べるから偵察ちがうけど。

しかしさすがの土曜日!!屋台村のような沢山の飲食店が軒を連ねている中、空席を探すのは至難の業…目当てのお店で料理は頼めるけど、食べる場所がない!!周囲はニーハオ語炸裂!!藁焼きの明神丸は並んでいるし…熱気に押されたのもあって鰹のたたきだけを注文するつもりが、ついカニクリームコロッケもwwwひろめ市場マジック!!
DSCF0178-1.jpg 
まさかのコロッケ2個入り!!!これをひとりで食べるのはキツイ!!!ゆずドリンク追加で頼んで流しつつ何とか完食!!こんな食べ方でいいのだろうか…自問自答しつつも最終決戦に臨みます。
DSCF0179-1.jpg 
やいろ亭の鰹の塩たたき…うん。こちらも旨いと思う(⇒もはや味覚中枢も満腹)
酔っぱらっているわけでは無いけど、宿までよく歩いて帰って来れたな…

長い長い1日がようやく終わるのでした。。。高知編その②へ続く




関連記事

大阪~高知で食い倒れ♪(大阪編)

2017.04.23 13:43|旅行・ドライブ
2016.10.15
かねてよりの念願であった土佐の戻り鰹を食べに、いざ高知へ!!!
・・・しかし金銭と時間の都合上、自走するよりも公共機関を使った方が効率が良いので今回は夜行バスで。
高知まで直通は無いので、早朝に大阪梅田に着くピンクのバスです(^-^)/
大阪・・・といえばわたしの中では真田丸!と、ハンバーグ(笑)戻り鰹の前に・・・いざ!大阪秋の陣!!!
大阪駅??梅田駅??どちらかのコインロッカーに荷物を預けて徒歩と電車で真田丸ツアー開始♪
・・・の前に腹ごしらえ。

夜行バスは目的地に早朝着くので、早朝営業しているお店だけはしっかりリサーチしてきました。
あとは行き当たりばったりでなんとかなる・・・。

まずは腹ごしらえ♪
天王寺区にあるタロコーヒー(talo coffee) モーニングは7:00から営業しています。
DSCF0124-1.jpg
厚焼きたまごサンド+紅茶のセットで(1080円) もちろんコーヒー屋さんなのでコーヒーのセットも有り。
DSCF0128-1.jpg
このたまごサンドがわたし史上最高に気に入った味で・・・甘い厚焼き玉子に酸味の効いたマスタード入り?マヨネーズソースがバランスよく滅茶苦茶美味しくて・・・たまご6個使用しているということを忘れてお代わりしたいくらいでした。
朝の始まりに美味しいものを食べるとテンションも上がるというもの・・・
ここから歩いてまずは真田丸があったとされる場所へ
185_1015c-1.jpg
ミッションスクールである大阪明星学園に真田丸があったとされています。
真新しい顕彰碑・・・真田の六文銭と豊臣の桐紋が。写真では分かりづらいけど、このあたり一帯、急な坂道が多く、冬の陣ではかなり苦労したのかな~と。大河ドラマを思い浮かべながら、兵どもの戦場を妄想中♡
185_10152c-1.jpg

そして少し坂を下った先には幸村と大助親子の冥福を祈るために創建したとされる心眼寺が。定紋は六文銭・・・
花に埋もれて真田左衛門佐豊臣信繁之墓が・・・直視できない(笑)
こちらのお墓も真新しく、徳川幕府の直轄地であった当時から400年経過した2014年に建立されたとの事。
同時にこちらのお寺・・・京都見回り組の墓所であるという石碑もありました(名前忘れた・・・)
後で調べたら、坂本竜馬暗殺の候補者でもあった桂早之助・渡辺吉太郎の墓所だそうで(名前覚えられない・・・)

次に向かうは真田の抜け穴があるとされる三光神社。(いかにも正門から入りましたって写真だけど実際は裏からw)

IMGP4000-1.jpg
事実かどうかは不明だけど、真田丸出城内において大阪城までの抜け穴を作ったとされています。
ぶっちゃけ幸村の銅像があるだけでもいいかと・・・
IMGP3991-1.jpg
そして真田山界隈に別れを告げて、いざ!大阪秋の陣なる大阪城へ・・・
IMGP4008-1.jpg

・・・の前に寄り道(笑) なにやら由緒正しそうな神社があるではないですか。。。
境内へお邪魔します♪
IMGP4001-1.jpg
なんとなんと!!こんなところに伊勢参宮本街道の石碑が!!!ここが大阪~伊勢へ向かう拠点だったのか!?
そして現在の旅行会社の原点・・・浪花講の発祥の地でもあります。
185_10153c-1.jpg
・・・つまりここは豊臣秀頼公が再建された玉造稲荷神社!!!
心眼寺の幸村墓と同じく、大坂冬の陣から400年経った2014年には大きな慰霊祭が行われたそうです。
千利休居住地跡もあり、淀君の胞衣を祭ったり、伊勢参宮本街道もあり、勾玉作ったり・・・オールマイティ神社(笑)
IMGP4009-1.jpg
よし・・・今度こそ大阪城へむけて!!!!(真田丸のテーマに載せて)
実際に天王寺から大阪城に向かって歩くと分かるけど・・・坂道多い!!高低差多い!!戦いづらい(妄想)
IMGP4057-1.jpg

IMGP4010-1.jpg
到着しました大阪城!!!!でかい!!!駿府城とは大違い!!!!
185_10151c-1.jpg
ここはお散歩コースに最適の場所だなあ!!!!天気も良かったせいか全てが美しく感じました♡
ちょっとしたことろに秀吉の馬印(ひょうたん)見つけたり・・・天守閣付近では赤備えの一般人(笑)が大うけしたり・・・
(もちろん一緒に撮影していただきました・・・もちろん年賀状にしましたw)
IMGP4039-1.jpg

IMGP4052-1.jpg
小腹がすいたのでパフォーマンスに惹かれて忍者たこ焼きを・・・注文は「御意!!!」笑(笑
DSCF0142-1.jpg
イカスミ入りの黒いたこ焼きと大阪城・・・うむ。悪くは無いぞ(笑)
そして大阪城を後にして更に歩き続けます・・・楽しいけど意外にきついです。でも楽しいの方が勝ってます♡
瓦町方面へ向かう途中、熟成肉のお店とか魅力的な看板になんども後ろ髪引かれたけどなんとかたどり着きました。
本日のランチはここ!!!
DSCF0148-1.jpg
ついった内のグルメ担当ふぉろわさんが絶賛していた「ワインちゃん瓦町路地」
店へはいるまでの道のりが分かりにくいし、入ったら入ったで狭いし・・・(笑)
今までは写真でしか堪能できなかった肉汁たーーっぷりハンバーグを目視で確認してやろうじゃないの!!!
DSCF0149-1.jpg
もちろん全部のせハンバーグを注文!!!基本サイズは170g・・・ちょっと小さいかしらね。
(・・・あとで写真見返したら230gのBigハンバーグ全部乗せもあったのね・・・次回はこちらにするw)
DSCF0152-1.jpg
来ました!!!厚切りベーコン・タマゴ(本日7個目www)・チーズ他 ハンバーグが見えない!!!
味は想像以上に肉が熟成されているというか・・・つまり美味い!!肉汁じゅわわわー!!!
炭焼きレストランさわやかの超レア赤身げんこつハンバーグを食べなれている県民としては、これぞ脂と肉!!っていう王道を垣間見た気がしました。欲を言えば後味が脂っこいのでわさびも欲しかったなー。。。

いやー・・・大阪滞在半日とは思えないほど堪能してるよなー(笑) めっちゃ楽しい♡

そしてこの数時間後には土佐の戻り鰹を満喫しているんだけど・・・それはまた高知編で。

続く。
関連記事

会津駒ヶ岳登山~後編~

2017.02.19 18:21|山歩き
2016.7.24
前日のうちに登山口に到着・・・
日中は半端なく暑いけど、夕方になると大分涼しくなってきました。
さて、滝沢登山口駐車場はいくつかあって車で直近まで登れるのですが、そこにはトイレが無い。
トイレのある駐車場だと登山口まで30分ほど登ることになる(そして焼却場の目の前・・・ひいィィ)
考えた挙句、後者の駐車場で爆睡し(・・・トイレを済ませてw)早朝に登山口まで車で登りきる!!!
駐車場スペースが空いているかはもう賭けるしかないっ!!!
日曜日ということもあり、前日に山小屋宿泊していた車も何台か停まっていましたがなんとかぎりぎり無理やりスペースに滑り込ませることが出来ました・・・ほっ(*´ω`)┛
自走登山組はこの駐車場確保に物凄いエネルギーを使うのです(笑)
IMGP36081.jpg

標高や距離的には日帰りコースなのですが、今回は山小屋に泊まることがメインなので出発はゆっくりのんびり。
しかし曇りと言われた天気予報がなにやら青空が見え始めていますよ・・・これは登らない訳にはいかん!!
IMGP33481.jpg

階段の急登からブナ林の急登を気持ちよく登っていきます♪きついけどまさかの青空にテンション上がってます。
そしてあっという間に雲の上。
IMGP33541.jpg
しまった・・・もう駒の小屋が目の前まで!!!
IMGP33611.jpg

しまった・・・もう駒ヶ岳山頂が目の前まで!!!
IMGP33621.jpg

・・・ということで駒の小屋手前の休憩場で朝食タイム。ここでのんびり青空が再びでてくるのを待ちます。
IMGP33711.jpg

反対側は青空でているからもう少しで出てくると思うのだけどね~(笑)
と言っているうちになんとなく明るくなってきた!!!よっしゃ出発(=゚ω゚)ノここから木道歩きに変わります。
IMGP33751.jpg
池塘も出てきた!!いきなり出現する素敵ワールドに足が止まりっぱなし!!!
このあたりからアルプスの熟女ハイジ化がはじまります(妄想)
IMGP33951.jpg
ああ!!チングルマまで!!!7月も後半だから高山植物は諦めていたのに・・・
IMGP35431.jpg

ミヤマリンドウ!!!紫色だからきっと秋の始まりなのでしょう(笑)
IMGP34031.jpg
そして遂に青い空、白い雲、緑の平原に佇む駒の小屋を見るのです!!!IMGP33891.jpg
駒の小屋に到着したのですがチェックインは14:00からなので部屋には入れず。
明日は天気が崩れるというし、まだまだ晴れてくれそうなので駒ヶ岳山頂~中門岳までぐるっと回ってきましょう。
IMGP34331.jpg
駒の小屋から目と鼻の先にある緩やかな駒ヶ岳山頂からは猫耳双耳峰の燧岳がよく見えます。
他にも越後三山、尾瀬の山々などが見えるようですが、雲に隠れていて少し残念。
IMGP34451.jpg
山頂から中門岳へ向かう、たおやかに長く続いている美しい木道・・・歩くことを忘れてしばし佇んでしまう。
今日この日、この時間、この景色を見ている。
全てのタイミングが重なっていま、ここを歩いている・・・感動。。。
IMGP34581.jpg
そして中門岳に到着。。。
山頂というピークは無く、この辺り一帯を中門岳と言うそうです。
IMGP35011.jpg
水辺に移る反射が織りなすリフレクション・・・
IMGP35151.jpg
こちらで宮城から来たという団体さんと意気投合!!!
珈琲屋さんを営むガイドさんは東北でも有名だそうで、検索したらすぐに出てきました(笑)
つい先日、GWに東北行ったばかりなので話が盛り盛り盛り上がり、新たなる東北お勧め情報をもらっちゃいました。
一期一会・・・好きな言葉です。

そして駒の小屋に戻って受付を済ませてお昼ご飯♪南郷のトマトジュースで地産地消♡
komanokoya2.jpg
駒の小屋は食事の提供はしませんが、宿泊者にかぎり飲料水(雨水蒸溜)を頂けます。
登山道で水場は1か所しかないので宿泊する方はなるべく自分の飲み水は自分で持参しましょう(当たり前のことですが・・・)
komanokoya1.jpg
14:00を過ぎるころには雲の様子も怪しくなり、予報通り、星空は望めないようです。

駒の小屋に泊まった目的の一つでもある宿泊者限定の山Tシャツゲット!!!
IMGP35691.jpg
前がウサギさんで〈駒ねぇさんはビックフットと呼んでいるw)
IMGP35701.jpg
後ろは・・・シシ神様??w
宿泊者限定Tシャツはカラーは黒一色のみ。
駒の小屋オリジナル山シャツはあるのでこのシャツ目当てに来る登山者も相当いそう(笑)気持ちはよーくわかる!!!

2016.7.25
翌朝はやはり真っ白なガスガスの世界(笑)
昨日のうちにハイジの世界を堪能しておいたので、後ろ髪をまったく惹かれることなくささっと下山。
下山すると晴れているって言うね・・・もう慣れてますけどね。
IMGP36131.jpg
なんとTシャツと同じシシ神さまに遭遇!!!ステキな山時間を有難うございました。

平日だったこともあり、下山後温泉「燧の湯」は誰もいませんでした!!!ラッキー!!!
IMGP36181.jpg
登山口近くに公共温泉は「駒の湯」 「燧の湯」と二つありますが、どちらもアルカリ硫黄泉。
個人的には緑がよく映える「燧の湯」のほうがロケーションが良いこともあり好きでした。

さて・・・ハイジ気分を捨てて車に戻って6時間かけて帰ろう~♪♪

今回も素敵な山旅と共に、無事故で帰宅できたことに感謝ヾ(・∀・)ノお疲れ様でした~♪



関連記事
| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
♨プロフィール

やま

Author:やま
週末限定!予算限定!
だけど温泉登山好き♪
使用カメラ:GRDⅣ、K-30

♨最新記事

♨カテゴリ

♨月別アーカイブ

♨カウンター

♨最新コメント

♨最新トラックバック

♨検索フォーム

♨RSSリンクの表示

♨Twitter

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。